教育理念

保健師・助産師・看護師法に基づき、准看護師になろうとする者に必要な知識・技術・態度を修得させ、社会に貢献できる人材を育成する

教育目的

看護の概念および看護の対象としての人間性を理解し、健康レベルに応じた看護を実践するための基礎的知識・技術・態度を学ぶ

教育目標

(1)日常生活の援助および診療の補助が、安全、安楽に実施できる能力を養う
(2)観察する能力を身につけ、報告、記録が正確にできる能力を養う
(3)看護の対象である人間を理解する
(4)保健医療福祉チームのなかで准看護師の果たす役割を認識し、それを実施する能力を養う
(5)看護の役割を認識し、常に看護とは何かを考える姿勢を養う