13:20 地震発生。その後、1階調理室より出火という想定で防災訓練を行いました。

事務室から館内放送。
その後、事務が訓練火事の連絡を119番へ
本番さながらに行いました。

          




3階講堂から「救助袋」による脱出避難訓練を行いました。
直角に降りるタイプの救助袋で、4名の学生が体験しました。

救助袋内は螺旋状になっており、安全に下降できるようになっています。






煙体験。黄色の通路内は煙で充満されています。目先が見えない中で口元にマスクをあて、実際の火災を想定しての訓練です。



消火訓練を行いました。消防署の方から説明を受け、火元を想定した目標物めがけて放水。この際のポイントとして、「ほうき」ではくようにまくといいとのことでした。消火器は持ち手の上レバーを触ると噴射するため、移動する際は下レバーを持つといいとアドバイスを受けました。
           
 中消防署分駐所・小川防災の皆様ありがとうございました。